10月 31日 2016

性病の世界史 - ビルギット・アダム 著 / 瀬野文教 訳

 数ヶ月前、書店の平積みになっていたところを偶然に見かけて購入したが、当時に冒頭を読んだのみで、最近まで積ん読してしまっていた。ようやく勢いを出して読み終えた。

 中世ヨーロッパから近代まで猛威をふるっていた梅毒に大きく筆を割いた本書は出版当時30代のドイツ女性作家の手によるもので、近代になりようやく薬が開発されるようになった経緯までを精緻に綴る。だがそこで終わりにするのではなく、終盤では80年代から世界中で大きな社会問題となっているHIVウィルスにも言及。病気の蔓延の陰にあるもの、物事の裏側にある意識は、場所や時代が変わってもつねに変わらないことを簡素な文体であぶり出していく。



 その意識とは、まず、世の中に病気が蔓延することへの当事者意識を持たないこと。病気になった人は自業自得(1)。そして最後に、多少の不道徳があっても予防(コンドーム)や薬などで病気を回避したいという、安易な発想である。

 書き手が女性といっても過度に男社会を糾弾するといった方面には流れず、淡々と経緯を書く文章が読みやすい。

 最後に、この訳書のタイトルだが…世界史ではない。ドイツを中心としたヨーロッパの話であり、最後のほうでエイズの話題にのみアフリカやタイなどが(わずかに)登場する。原題の Die Strafe Der Venus を日本語で紹介するなら「ビーナス(性愛)の罰」である。

===
(1) たとえば、過去も現在も娼婦や性風俗に従事する人は相手を選べないことが大半だが、男性の側だけが消毒や避妊具をつければ大丈夫だろうという(娼婦や性風俗に従事する人は「媒介」をしてしまうことはあっても原因とは限らず、買う側も同じだけの原因および媒介要因でありうるのだが)考え方があり、感染して罰せられるのは受け身(娼婦)側だった。また、女性が不貞を働かずにいれば「男性には病気をうつさない」という妙な理屈により、女性側には予防策として不道徳を戒める教育を徹底し、男性側には好き勝手をさせた。


コメントはまだありません。ぜひどうぞ。

Leave comment



« Prev item | Next item »