5月 01日 2017

子供の死を祈る親たち - 押川剛

Author: mikimarche Category: 7. その他

 以前から、社会的弱者や、知能の低い(あるいは精神的な病)の人が適切なケアを受けられないまま犯罪に手を染め、あるいは刑務所を一生の居場所とするかのように犯罪を繰り返す話など、社会福祉に関連する深すぎる闇について、いくつかの本を読んできた。そして自分の身近で見聞きしてきた知人家庭の話なども重ね合わせ、いったい自分に何ができるのかと、考えてきた。

 手もとの控えによると読んだのは5年以上前のようだが——(注: ブログに掲載したのは読んだ日ではなく再掲日)精神病院を捨てたイタリア 捨てない日本 / 著者: 大熊 一夫という本にめぐり逢い、あまりにも精神病院に頼りすぎるのはよくない、拘禁が長引けば人はより悪化してしまう場合もあるという意見にそのときは傾いたが、今日こうして本書「子供の死を祈る親たち」に出会って、何が何でも早期退院というのはよくない、周囲や社会の受け入れ体制が整ったかどうかで大きく状況は異なると、意見を新たにした。まして現在の「早期退院」は医療費の削減といった経済の面から大きく提言されている方針であるのは、言うまでもない事実であり、社会の現状に即していないのだから、不安も大きい。



 さて、本書では、まず全体の6割程度を割いて、衝撃的な事例を紹介する。たとえば家に閉じこもり、最初はわがままを言って家族を困らせる程度であった者(多くは息子や娘)が、精神的に家族の支配をはじめ、疲れ切って逆らえなくなってきたころに肉体的暴力や経済的な仕打ち(通帳や財産を取り上げたり、実質的に家から閉め出して自分だけのゴミ屋敷にしてしまう)で身動きをとれなくする。家族は感覚が麻痺してしまい、いまさら人に助けてもらえるという発想がなく、カネをかき集めてでも言うなりになってしまうことが多い。最後には本人または家族が刑事事件を起こして事態が明るみに出るか、あるいは家族が意を決して著者のような会社に相談をすることで、病院等の適切な施設へ本人を送り届けることになる。
 ゴミ屋敷に糞尿を垂れ流す者。自分の家族が管理するマンションで片っ端から住人に嫌がらせ(本人は病気のため住人が怪しいと思ってしまい監視)をする者。せっかく入院をさせても病気の認識がないため出てきて家族をさらに困らせる者。目を背けたくなるような事例がつづくが、多くの場合、共通するのは「家族の問題だから」と我慢をする、もしくは隠そうとする人が、家のなかに最低でもひとりいることではないだろうかと、わたしは考える。
 そうした人物は「自分が判断や決断をしなくて済むのならば何でもする」くらい都合のいい考え方をする。問題を長引かせたり放置するためならばカネを出す(生活費や、要求される金額にも応じる)が、実質的な面倒は誰かに押しつけ、たまらなくなった人間が著者のような会社に相談しても「その会社は、カネがかかるのか」と文句を言う。同じカネをかけるにも、ごまかすほうにならばカネを出すのに、だ。

 事例ののち、現在の社会における仕組みの変化(できるだけ長期入院はさせない)や、とりあえず事件化して警察の介入があってからならば動きやすいとする傾向について、語られていく。やはり、わたしが冒頭で書いたような、イタリアの事例と日本を比較したようなものが一概には「よし」とされるべきでないことにも、読む側は気づかされていく。

 理想論では、人は動けない。動くべきではない。閉じ込めてしまってそれで終わりというのも、人とふれあって少しずつ社会に溶けこんでもらおうというのも、どちらもそれなりの長所短所があるだろう。だが医療費削減に大きな重点が置かれたのであろう現在の方針(できるだけ3か月以内に退院)に、無理があることは事実だ。なんとか多方面からの意見のすりあわせや、ほんとうの「悪化防止、再発防止」のために何がよいのかといった追究は、誰(またはどの機関)が中心になって行われていくものなのかわからないが、ぜひとも、早急になされるべきと期待したい。

 最後に、これが自分には縁がない話と思われる方へ。
 どこにでも、誰にでも、これは起こりうる話だと、ご理解いただきたい。他人事ではない。
 わたしはごく普通の家庭の事例で、本書に掲載の内容と紙一重もしくは一歩手前のようなものを複数知っている。端から見ていると「突き放せば」と簡単に言えるほどひどい事例なのだが、あるときは「みんなに見放されているのだから自分だけでも話を聞いてあげねば」と言い出したり、カネを出すべきでないところで出してしまったり。そうした人に「これこれの件で、役所に相談をしてみれば」と教えてあげても、多大な努力を払ってまで「なぜそうしないか」とわたしに告げようとする。役所に聞いてみるのが10分で終わる内容を、なぜそうしないかをわたしに電話で1時間語っても、わたしの時間は迷惑でないと思っているとわかる出来事が複数回あった。アホらしいのであるとき「こちらの意見はすべて無視して自分の言いたいことだけを言いつづけるような人に、割ける時間はありません」と厳しくすると、少し反省したらしかった。その後については、あまり知らない。聞きたくもない。

 人との関係は、べたべたしすぎても、冷たすぎてもいけない。その境界線があやふやになった人は、少し冷静になる時間が必要である。


コメントはまだありません。ぜひどうぞ。

Leave comment