3月 21日 2018

ニッポンの肉食 - 田中康宏

 マタギや狩猟、野生動物の食肉への加工の話題にはずっと関心があり、これまで何冊か読んできたが、どれも感慨深いものだった。本書を読み終えたあとになって、著者紹介の欄を見てようやく「女猟師」の著者であったことに気づいた。あれも感慨深い作品だった。わたしがこうした本を好むようになったきっかけの一冊だったように記憶している。もう一冊は内澤旬子著「世界屠畜紀行」だ。



 第一章では、日本人の食べてきた肉について。
 日本人は古来から肉を食べていた。よく言われるような、かつての日本は仏教の教えで肉を食べなかったというわけではなく(なぜなら仏教は殺生を全般的に禁じているのであって、牛や馬など四つ足を食べてはいけないが魚や鶏はよろしいと言っているわけではない)、その時々の人々により食べ物と見なされた生き物は、食べられていた。たとえば明治以前に多くの人にとって牛や馬を食べる習慣がなかったのは、それらが使役動物として有用であったためだ。生きているうちは農耕や運搬をさせ、死ねば弔ったからであり、食べ物ではなかった。著者のこうした説明には、大きくうなずかされる。

 第二章では、牛肉の種類や概要、銘柄和牛と国産牛はどう違うのか、効率よく肥育化させようとする過程で世界的な社会問題となってしまった狂牛病などについて、牛に多くの言葉を費やしつつも、それ以外の畜産肉(豚、鶏、羊、山羊、馬など)についても紹介。
 そして日本における狩猟の概要と必要な届け出の説明、狩猟で得られる肉にどのようなものがあるか。そして美味なのか、臭くて食べられないのか、一部の条件下においてならば食べられるのか——マタギによってまったく意見の違う「狸の肉」を実際に食べてみた、その感想とは。

 第三章では、食肉加工処理についてを解説。実際に現代の人間が食べている食肉の加工処理施設は見学も可能なことが多いが、著者は古くからある肉屋での作業について、そして狩猟の現場で獲物を仕留めた直後におこなわなければならない血抜きと内臓除去についても、実際に現地で取材したまま、丁寧につづる。

 かつてアニメーションなどでよく話題になった原始人肉(骨のまわりに肉がついていて、かぶりついて食べる)は実際に作るとしたらどう調理するのか、そもそも部位としては動物のどこなのかなど、文章のいたるところに著者の肉への情熱があふれている。

 なお、わたしはP.82以降のクマの欄で1915年に実際に北海道で起こった三毛別(さんげべつ)事件が気になり、ネットで調べてみた。死亡しただけで7人。怪我を含めればかなりの人数が被害にあった人食いヒグマ事件である。冬眠しそこねた巨大な羆が人肉の味を覚え、最初は偶発的な襲撃だったがそのうち狂気に満ちて昼間でも人家にやってきたという恐ろしい事件だ。本も何冊か出ているようなので、ぜひもう少し調べてみたい。

 同著者の本で「山怪」というのも人気だそうだ。
 わたし自身が山育ちのせいか、不思議と山の話にひかれる。


コメントはまだありません。ぜひどうぞ。

Leave comment